読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるっと。まるっと。

日々ときもちとキヲクをつらつら。気になっていただけたら嬉しいです(*^^*)

6/100♡ぬいぐるみ*

6こめの好きなもの、それはぬいぐるみです。

f:id:aikinoko:20160425183841j:plain

 
f:id:aikinoko:20160425175625j:image
過去記事にも登場していますが、この子達だけではありません。
f:id:aikinoko:20160426082101j:image
f:id:aikinoko:20160426082146j:image
もっといます…(。-_-。)汗

好きなキャラクターの子を中心に、時々今でも一目惚れして連れて帰ってきてしまいます(;´Д`A
大概は、相方がストップをかけてくれますが(;´Д`A笑、時々相方が自発的に連れてきたりするので、やっぱり増えます( ̄▽ ̄)笑
相方も、ぬいぐるみと通信するわたしに(普通に話しかける癖があります(⌒-⌒; ))寛容で、むしろ感化されている気すらします( ̄▽ ̄)笑
 
わたしがぬいぐるみ好きとなったきっかけはやっぱりキティちゃんで、赤ちゃんの頃に母が拾ってきた子(雨の降り始めに落ちていた子をかわいそうだからと連れて帰って洗ったら、わたしが気に入って離れなくなったそうです(;´Д`A)と子どもの頃から一緒でした。
(その子は今も、一緒の家にいます。)
 
それ以来、大小関わらずぬいぐるみ好きなのですが、可愛がることを考えると、あまり多すぎてはいけないといつの頃からか思うようになり、数は制限していますが、それでも他人から見たら驚かれそうなくらいの子たちと生活しています(;´Д`A笑
 
ぬいぐるみが大事だと気付いたのは、心の調子を崩しはじめてからで、
今思えばそんなに辛いのがそもそも自身がおかしいと思えるのですが、当時のわたしは仕事から帰って次の朝出かけるまで、寝る時間以外の半分は泣きながら家で過ごしていました(・・;)
(その日の出来事も、溜まったもの含めて、勝手に涙が出るような状況でした。)
 
そんなとき、いつもぬいぐるみを抱くと、きもちが落ち着いて、少しだけ前向きになれる気がしてそうしていたのですがある日ぬいぐるみを見て、ビックリしました。
 
なんだか見たことないくらいすごく汚れていて、(涙がついたのかもしれないし、わたしの顔の汚れかもしれません(;´Д`A)でもいっぱい抱いたからか柔らかくて、優しさを感じました。
 
子どもの頃からぬいぐるみにも心があると思っているタイプですが(笑わないでくださいね(;´Д`A笑)、そのとき、わたしが頑張っていられたのはぬいぐるみたちがいたからも少なからずあるんだと気づきました。
ぬいぐるみたちに、言葉はないけど、励まされていたんだなと。
 
余談ですが、最初に出会ったキティちゃんと長く過ごすためにと、母に幼い頃から ぬいぐるみ洗いの
の術を伝授されていたので、手洗いで感謝を込めて綺麗にしました(*^^*)
 
だから、わたしはきっと、いつかミニマリストになれても、ぬいぐるみたちがゼロになることはないと思います(。-_-。)
全部の子たち平等に一緒にいることはできないかもしれませんし、人間と一緒で出会いと別れがあるかと思いますが、少なくともうちにその子たちがいる間は、カタチは違えど大事にしたいと思っています。
 
 
こんなことを書けたのも、koshimaoさんのこの記事を読んだからでした(*^^*)

koshimao.hatenablog.com

お気持ち、よくわかりましたT^T

好きすぎて、いっぱい集めたからこそ、葛藤する部分があったりします。


またkoshimaoさんがおっしゃるように、感情移入するタイプはぬいぐるみを持ってちゃいけないのかもですが(きちんと可愛がられているかどうか自問自答するのもノーダメージではきっとないので(・・;))癒されているのであれば、それはお互いにとってきっとプラスで、アリなのではないかと、思わせていただきました。

 
…わたしも、ぬいぐるみは断捨離ではなく…うーん。お別れだと呼びたいです。

koshimaoさんの素敵なお気持ちは、わたしの言葉では伝わりきらないので、ぜひ記事を読んでいただけたらありがたいです(*^^*)
(koshimaoさん、うまくご紹介できず申し訳ないですーT^T)

今回はわたしの怪しさがMAXレベルの好きなもの紹介でした(;´Д`A
…嫌いにならないでくださったら、ありがたいですT^T

読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

あと、94個ですね( ̄^ ̄)ゞ