読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるっと。まるっと。

日々ときもちとキヲクをつらつら。気になっていただけたら嬉しいです(*^^*)

旅レポ・門司港編*

こんばんは。

 

実家帰省ですっかり置いてけぼりになってた相方との旅レポ、2日目の門司港編です(;´Д`A笑

 

前回の記事で小倉で楽しみましたと書きましたが、

 

aikinoko.hatenablog.com

その後門司港へ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

門司港へは昨年も訪れたのですが、今年もある目的?でやってきました。

 

が、その前に門司港に来たので昼食は焼きカレーへ( ´ ▽ ` )ノ

f:id:aikinoko:20160825085649j:image

昨年は別のお店で食べたのですが、今年も美味しかったー♡

 

さて、目的はこちら。

f:id:aikinoko:20160825085813j:image

ドクターフィッシュ体験♡笑

(お見苦しい足を失礼いたしますm(_ _)m)

 

日頃真面目に角質ケアしてないためかわらわら来ます( ̄▽ ̄)

ものすごいこそばゆいです(;´Д`A笑

 

そして、こちらはがっぷり。

f:id:aikinoko:20160825090050j:image

ドクターフィッシュのお仲間ですがデカくて、一口が大きいからかすごい(;´Д`A笑

(そのためかかとのみだそうです)

 

痛いほどではないのですが、あまりにがっぷりされるので、足出したら、頭分けてあげたアンパンマンみたいにかかと凹んでたらどーしよー(´・_・`)…とバカなことを毎度考えますわたしです( ̄▽ ̄)笑

 

…15分後、足トゥルトゥルでした( ̄▽ ̄)笑

満足( ̄▽ ̄)♡笑

 

そしてお次は昨年来た時には時間的に行けなかった門司港レトロクルーズで海から下関と門司港関門海峡を眺めました(*^_^*)

 

…ここでは、おっちょこちょいなわたしは絶対携帯を、池ぽちゃならぬ海ぽちゃするからと、相方からケータイをしまえ。と指示が出たので写真はありません( ̄▽ ̄)笑

(相方はカメラでたくさん撮ってましたが(¬_¬)笑)

 

そしてクルーズのあとはそのとき見えた(見えてましたが昨年はいかなかった)門司港レトロ展望室へ。

 

建築家・黒川紀章さんが設計したとのことでしたそうで、少し変わった形が、高所が苦手なわたしは怖かったです(´・_・`)笑

 

展望室はラウンジになっていて、時間的にもティータイムだったので立ち寄りましたが、せっかくなのでと選んだカウンター席がまた怖かった(´・_・`)笑

f:id:aikinoko:20160825091433j:image

テーブルがクリアで足元に外の景色が見えてるT^T笑

それがどうしたかもしれませんが、わたしにとってはかなりドキドキな、状況でした(;´Д`A

 

…ちなみにどーでもいいですが、下に見えてる車たちのひとつがちょうど相方の車でした( ̄▽ ̄)笑

 

ビビりながら美味しくいただいて、素敵な景色も見られました(*^_^*)

 

f:id:aikinoko:20160825091419j:image

 

そのあとは、鉄道が好きな相方が昨年乗ったトロッコが楽しかったようで、今年もトロッコに乗ってきました( ̄▽ ̄)笑

 

10分くらい門司港地区と和布利地区を結ぶもので、景色を十分楽しめるので子どもがいないわたしたちでも違和感なく乗れます( ̄▽ ̄)笑

 

トンネルになるとトロッコ内天井に仕掛けがあって

f:id:aikinoko:20160825092232j:image

子どもはもちろんわたしもテンションが上がりました( ̄▽ ̄)笑

 

 

門司港を楽しんだあとは下関に戻って

f:id:aikinoko:20160825092333j:image

関門トンネルの入り口が可愛かったです(*^_^*)笑)

 

そして下関側から関門海峡を見て…

f:id:aikinoko:20160825092453j:image

 

次の日のわたしの無言のワガママを叶えるために、山口市内まで戻って宿泊をしました。

(下関は昨年水族館に行ったりその周辺を散策したりしたので今回はサクッと終了でした。)

 

というわけで今日はここまで。

 

旅行からだいぶ間が空いてしまったので、思い出しながら(;´Д`A

でもそれはそれで楽しい気持ちになりながらレポ頑張りたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

 

お付き合いいただけたら幸いです( ´ ▽ ` )ノ

 

お読みいただきありがとうございますm(_ _)m